TEL
Sns Follow
フェイスブック ツイッター インスタグラム

ニュース

リリース情報をお届け

軸組工法(在来工法)の仕組みについてご説明させて頂きます①

更新日:2018年09月19日

軸組工法(在来工法)の仕組みをお伝えいたします。

1.床組

〇床組とは1階や2階の床のことで、床梁+根太(ねだ)+床板で構成されています。

建物に水平力が作用した場合床が弱いと接合部が外れたり、水平力を耐力壁に伝達できなくなるのです

〇火打ちは水平構面の歪みを防ぐために4m間隔を目安に配置します。

〇火打ちとは、床面や小屋面の隅各部に45°の角度で架け渡した梁のことです。

最近は施工の合理化から根太を省略して、厚い構造用合板を直接床梁に釘留めする床が多いです。

〇施工の合理化と水平剛性を高める効果があります。

 

2.小屋組み(小屋組・和小屋・洋小屋・垂木)

☆小屋組

〇小屋組は屋根を支えるものです。

水平に架け渡された梁の上に束を立て、その上に母屋を載せ、さらにその上に垂木を載せて、野地板を釘打ちする

〇屋根の頂部を支える横架材は、棟木と呼ばれる。

〇小屋組は、床組同様に水平力を受けるが、①勾配を持つ、②軒先で風の吹上げの力を受けるという点で床組と異なります。

〇小屋組の形式は大きく「和小屋」と「洋小屋」に分かれます。

〇屋根面→小屋壁→天井面→2階耐力壁の順に水平力が流れます。

☆和小屋

〇水平な小屋梁の上に束を立て、その上に母屋を渡し、垂木を掛けるのが和小屋です。

〇和小屋は、屋根荷重を小屋梁で負担するため、小屋梁の断面が大きくなります。

〇張間方向、桁行方向とも、小屋組の倒れを防ぐため、筋かいや壁を設けます。

☆洋小屋

〇小屋組をトラス形状にしたものが洋小屋です。

〇小さな断面の部材でもスパンを大きく飛ばすことができます。

〇斜材が多く配置されるため、小屋裏の利用は限定されやすくなります。

☆垂木

〇日本では日除けと雨仕舞い都合上、垂木のはね出しを長くして軒の出を深くしています。

〇強風時には大きな吹上げ力を受けやすいです。

〇特に、2方向からはね出す出隅は、大きな吹上げ力を受ける。垂木には、屋根重量、雪の荷重、風圧力(吹下しと吹上げ)が作用する。

 

軸組工法(在来工法)の仕組みについてご説明させて頂きます② に続きます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社日本総合住設は、大和市を拠点に横浜市、座間市、綾瀬市、厚木市、相模原市、伊勢原市、秦野市、小田原市、平塚市等、神奈川県全域で高品質で安心、価格もご満足していただける安心価格でリフォーム工事、外壁塗装工事、屋根塗装工事をさせて頂いております、大和市にあるリフォーム会社です。お住いのリフォーム、外壁塗装、屋根塗装で沢山の方にご縁を頂いております。企業努力によるコスト削減と利益率の圧縮で、お客様が満足のいく工事を安心の価格でできるよう努めてまいります。高品質な素材を用い、経験豊富な自社職人が責任施工いたします。また設計から工事、アフターメンテナンスまで一貫して弊社が責任もって対応いたしますのでどうぞ安心してお任せください。

☆おうちの事でお困りの事がございましたら何でもご相談下さい。外壁、屋根、雨漏り等、は当社の外壁診断士が責任をもって無料診断させていただきます。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
242-0018
神奈川県大和市深見西2-1-6 山森ビル2F
TEL 046-265-1112
FAX 046-265-1113
お客様フリーダイアル
0120-334-686
リフォーム・外壁塗装 http://nippon-sj.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇