TEL
Sns Follow
フェイスブック ツイッター インスタグラム

ニュース

リリース情報をお届け

外壁の塗り替え頻度(回数)について考えてみましょう

更新日:2018年10月10日

7.外壁の塗り替え頻度(回数)は?

外壁の塗り替え頻度(回数)を上手くコントロールすることで、皆様が生涯的にかかる建物のメンテナンス費用を安くすることができます。

塗り替えの頻度をコントロールとは、以下のようなことを言います。

  • 耐用年数が10年の塗料で塗り替えると30年の間で3回の塗り替えです。
  • 耐用年数が15年の塗料で塗り替えると30年の間で2回の塗り替えです。

このように、耐用年数が長い塗料を使うことで、外壁の塗り替え頻度を抑えることができます。3回分かかるはずだった費用が2回分で済みます。

塗料のグレードをあげるのでその分の費用は高くなるのですが、それであっても塗り替え回数を減らした方が合計の費用は安くなる場合が多いです。

外壁の塗り替え頻度での費用がどのくらい変わっていくのか見ていきましょう。

 

塗り替えの頻度での費用比較

約30坪の住宅を想定した場合の外壁塗り替え費用を比較してみたいと思います。

建築当初からウレタン系塗料を使った場合
築年数 金額
0年 0円
5年 0円
10年 60万円
15年 0円
20年 60万円
25年 0円
30年 60万円
合計 180万円

建築当初からウレタン塗料を使った場合、約10年のサイクルで塗り替えが必要となります。

約3回の塗り替えが発生し、その分のトータル金額が高くなっています。

建築当初からフッ素系塗料を使った場合

築年数 金額
0年 0円
5年 0円
10年 0円
15年 80万円
20年 0円
25年 0円
30年 80万円
合計 160万円

30年間で2回の塗り替えで済んでいます。また、回数が減ったことでトータルの塗り替え費用も安くすることに成功しています。

このように、塗料一つ変えるだけでも生涯的なメンテナンス費用を抑えることができるので、塗料選びは慎重に決める必要があります。

 

塗り替え頻度を抑えるには塗装業者選びが重要

耐用年数の高い塗料を使ったとしても、きちんと丁寧に塗り替えを行ってもらっていないと塗料の効果を最大限に発揮できずに、結局は何回も塗り替えが発生してしまいます。

グレードの高い塗料をえらぶことも必要ですが、塗料の効果を最大限に発揮できる、塗装技術・知識・丁寧さを持つ地域密着の優良業者を見つける必要があります。

皆様の生涯的にかかる住宅塗り替え費用を安くさせるためにも、優良業者に塗装してもらう必要がある事を覚えておいてほしいです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社日本総合住設は、大和市を拠点に横浜市、座間市、綾瀬市、厚木市、相模原市、伊勢原市、秦野市、小田原市、平塚市等、神奈川県全域で高品質で安心、価格もご満足していただける安心価格でリフォーム工事、外壁塗装工事、屋根塗装工事をさせて頂いております、大和市にあるリフォーム会社です。お住いのリフォーム、外壁塗装、屋根塗装で沢山の方にご縁を頂いております。企業努力によるコスト削減と利益率の圧縮で、お客様が満足のいく工事を安心の価格でできるよう努めてまいります。高品質な素材を用い、経験豊富な自社職人が責任施工いたします。また設計から工事、アフターメンテナンスまで一貫して弊社が責任もって対応いたしますのでどうぞ安心してお任せください。

☆おうちの事でお困りの事がございましたら何でもご相談下さい。外壁、屋根、雨漏り等、は当社の外壁診断士が責任をもって無料診断させていただきます。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
242-0018
神奈川県大和市深見西2-1-6 山森ビル2F
TEL 046-265-1112
FAX 046-265-1113
お客様フリーダイアル
0120-334-686
リフォーム・外壁塗装 http://nippon-sj.com/

お問合せ       info@nippon-sj.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇